現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2013年
09月04日
[Wed]

駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区)

komazawa_olympic_kouen-01.jpg 公園チェック

駒沢オリンピック公園は、1964年の東京オリンピックで第2会場として使われたところです。サッカー、レスリング、バレーボール、ホッケーなどの会場として競技が行なわれ、大会終了後に公園として公開されました。陸上競技場、体育館、野球場などのスポーツ施設のほか、園内をほぼひと回りするサイクリングコースも設けられています。

噴水チェック

陸上競技場と体育館に挟まれた中央広場内に、この公園のシンボルともいえるオリンピック記念塔が建てられていますが、その足下が池になっており、その中に噴水が設置されています。これはキャンドル形といってよいかと思いますが、これが10基×3列の形に並べられています。ただ、ノズルによって放水の高さがまちまちで、かろうじてわかる程度にしか噴き上げていないものもあります。もう少し勢いが欲しかったところですね。また塔の反対側にある聖火台の手前にも、パイプのようなノズルから小さく噴き上げている噴水がいくつか並べて設置されています。

虹チェック

勢いがない以前に飛沫が細かくないので、これでは虹は現われません。

komazawa_olympic_kouen-02.jpg komazawa_olympic_kouen-03.jpg komazawa_olympic_kouen-04.jpg komazawa_olympic_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:駒沢オリンピック公園(こまざわおりんぴっくこうえん)
  • 所在地:世田谷区駒沢公園、目黒区東が丘2、八雲5
  • 開園年月日:1964年12月1日
  • 面積:413,573m²
  • 噴水タイプ:水中型


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。