現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2010年
01月21日
[Thu]

光が丘公園(東京都練馬区)

hikarigaoka_kouen-01.jpg 公園チェック

光が丘公園は、練馬区と板橋区にまたがる都内最大のニュータウンである「光が丘パークタウン」にある広大な公園です。ここは元は日本陸軍の成増飛行場があったところで、戦後はアメリカ空軍の家族宿舎「グラントハイツ」が建設されました。それが1973年に返還され、跡地に団地とともに公園が造られたということです。大きな広場を中心に、バードサンクチュアリー、デイキャンプ場、野球場、陸上競技場、テニスコートなど豊富な施設を有し、もちろん緑も豊富で、近隣住民以外でも楽しめる公園です。

噴水チェック

噴水は<けやき広場>の水景施設内にあります。この施設は宝くじの宣伝普及事業として1992年に日本宝くじ協会から寄贈されたものだそうです。シンメトリーな構造になっていて、手前に小さい噴水が、奥に大きめの噴水がひとつずつあり、これが左右対称に設置されています。さらにアーチ状の噴水も見られ、多数のノズルから細かい放水が噴出されています。また池の上に造られた<ウォータートンネル>の外側にも壁泉のように水が流れ落ちています。

虹チェック

虹は、あまりはっきりとは現われませんでしたが、大きいほうの噴水で確認できました。もう少し風が強ければ、さらに鮮やかに見えたのですが……。アーチ状の噴水のほうでも見えそうなのですが、これは北側に設置されていて太陽を背にするのが困難なため、虹を見るのは難しいかと思います。

hikarigaoka_kouen-02.jpg hikarigaoka_kouen-03.jpg hikarigaoka_kouen-04.jpg hikarigaoka_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:光が丘公園(ひかりがおかこうえん)
  • 所在地:東京都練馬区光が丘2・4、旭町2、板橋区赤塚新町3
  • 開園年月日:1981年12月26日
  • 面積:607,824m²
  • 噴水タイプ:独立型
【東京都の公園 練馬区の最新記事】
posted by Rino at 23:27
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URI:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138982040
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。