現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2010年
03月19日
[Fri]

碑文谷公園(東京都目黒区)

himonya_kouen-01.jpg 公園チェック

碑文谷公園は、碑文谷池を中心とした公園です。この池は、元は水田灌漑用ため池で、江戸時代から昭和初期にかけては貴重な水源だったそうです。現在は周回の散策路が造られ、ボート遊びもできる池になっています。公園にはほかに、ウサギやモルモットなどとふれあえたり、ポニーに乗ったりできる<こども動物広場>や、体育館・野球場・テニスコートといったスポーツ施設もあります。

噴水チェック

噴水は、その碑文谷池の中に1基設置されています。中央部分の高い放水と円形に広がる放水が組み合わされています。上記のようにこの池ではボートにも乗れますが、噴水の放水で濡れたりしないようにとの配慮からか、杭とロープで噴水を囲んで近寄れないようにしているようです。

虹チェック

虹を見るには十分の飛沫の細かさですが、池のほとりには樹木が植えられていて、太陽を背にするにはその木が邪魔になりそうです。ちょっと難しいかと思いましたが、木々の隙間からなんとか望むことができました(あまりはっきりとは写っていませんが(^^;)。

himonya_kouen-02.jpg himonya_kouen-03.jpg himonya_kouen-04.jpg
    公園データ
  • 名称:碑文谷公園(ひもんやこうえん)
  • 所在地:東京都目黒区碑文谷6-9-11
  • 開園年月日:1933年11月15日
  • 面積:43,534m²
  • 噴水タイプ:水中型
【東京都の公園 目黒区の最新記事】
posted by Rino at 22:33
Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都の公園 目黒区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ここは家から一番近い噴水のある公園なんです。とは言っても歩けば20分以上かかるんですけど。
まわりが木で囲まれているので高い位置に虹を見るのは非常に難しいですね。
お昼前後に低い位置に見えるのを楽しむぐらいですね。ここは桜も綺麗なのでこれから1,2週間は桜と噴水を楽しめます。
Posted by ブドリ at 2010年03月23日 09:13
こちらのほうにお住まいなんですね。
私の家から最も近い噴水のある公園は、実は前回取り上げたおとめ山公園なんです。やはり歩けば30分以上はかかりますが。

碑文谷公園を訪れたときは夕刻近くで、あと少し遅かったら虹は見られないタイミングでした。しかも木々の隙間からでしたから、本当にピンポイントで撮影できました。

桜も開花しましたが、私は花粉症でして、この時期はなかなか出掛けられないんですよ。公園&噴水巡りは、もう少し先になりそうです。
Posted by Rino at 2010年03月23日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

URI:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144098657
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。