現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2011年
12月22日
[Thu]

代々木公園(東京都渋谷区)

yoyogi_kouen-01.jpg 公園チェック

代々木公園は都心に位置する、緑豊かで広大な公園です。かつてこの場所は陸軍代々木練兵場だったところで、戦後はアメリカ軍宿舎のワシントンハイツとなり、その後返還されて東京オリンピックの選手村として使われたあと、公園として整備されました。公園は2つの地区に分かれていて、北側のA地区は大きな<中央広場>やサイクリングコース、バードサンクチュアリなどが、南側のB地区は陸上競技場や野外ステージなどがあります。公園の北側は明治神宮が隣接しており、国立代々木競技場やNHK放送センターもすぐ近くにあります。

噴水チェック

噴水は中央広場内の噴水池の中に設置されていますが、1990年5月に新設されたものだそうです。わりと大きな池ですが、離れた位置に大小3基の噴水が配置されています。各噴水はどれも同じタイプのもので、単独放水ながら15m〜30mの高さまで水を噴き上げます。これが放水の高さを変化させながら運転しているようです。

虹チェック

これだけの高さまで放水してくれれば飛沫は十分細かくなり、虹は現われてくれます。訪れた日は風が強めだったので、ある程度の大きさで見ることができました。欲をいえば、もう一段階強い風だったらベストでしたが。ただ、この放水はきっちり規則的に変化しているのではなく、最大の高さになりそうでならないという感じで運転するので、もどかしいところもありましたね。

yoyogi_kouen-02.jpg yoyogi_kouen-03.jpg yoyogi_kouen-04.jpg yoyogi_kouen-05.jpg yoyogi_kouen-06.jpg
    公園データ
  • 名称:代々木公園(よよぎこうえん)
  • 所在地:東京都渋谷区代々木神園町、神南2
  • 開園年月日:1967年10月20日
  • 面積:540,529m²
  • 噴水タイプ:水中型
posted by Rino at 22:54
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 渋谷区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。