現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2013年
12月04日
[Wed]

東品川公園(東京都品川区)

higashishinagawa_kouen-01.jpg 公園チェック

東品川公園は京浜運河近くに位置している公園です。それほど大きなところではありませんが、遊具広場のほか、交通公園、弓道場、テニスコートなどがあり、蒸気機関車も保存展示されています。

噴水チェック

園内で目を惹くのが北側の広場に建つ燈台ですが、これが噴水になっています。この燈台は<品川燈台>といい、品川台場第2砲台にあったものを6分の5に縮尺したレプリカだそうです。現物は日本最古の燈台といわれており、現在は重要文化財として愛知県の明治村に保存されています。

円形の噴水池の中に燈台が置かれていまが、土台となっている石垣の隙間部分から水を噴き出しています。ただし外周全体に渡ってではなく、3か所からの放水となっています。タイプとしては、壁泉に近い噴水といえるかもしれませんね。なお、私が公園に着いたときは稼働しておらず、13時になったときに動き始めたので、運転時刻が決まっているのだと思われます。

虹チェック

水の勢いはそれなりにあるのですが、飛沫はあまり細かくないため、虹は現われませんでした。

ところでこの公園は、リニューアルの予定があるそうです(2015年春オープン予定)。この燈台がどうなるのかはわかりませんが、ぜひ残してもらいたいですね。

higashishinagawa_kouen-02.jpg higashishinagawa_kouen-03.jpg higashishinagawa_kouen-04.jpg higashishinagawa_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:東品川公園(ひがししながわこうえん)
  • 所在地:品川区東品川3-14-9
  • 開園年月日:1941年12月20日
  • 面積:9,013m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 22:41
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年
01月04日
[Fri]

大井水神公園(東京都品川区)

ooi_suijin_kouen-03.jpg 公園チェック

大井水神公園は、JR大森駅の近くに位置する公園です。この地域は江戸時代から湧水が多く、「大井水神」の名もそこから来ているようです(近くには水神社もあります)。公園は東海道本線の線路に沿って細長く延びていて、緑道公園ともいえるでしょう。駅利用時に、通り道として歩く人もいるようです。歩道の傍らにところどころ広場が設けられ、また駅近くということもあってか、一部は駐輪場として使われています。

噴水チェック

ここには2基の噴水が設置されています。円形の噴水池の中に1基ずつ置かれ、それが水路で結ばれているのです。どちらも球体をいくつもあしらったモニュメント型の噴水になっていますが、互いに似てはいるものの、形状は異なっています。放水の方向も対照的で、ひとつは下方から、もうひとつは上方から水を噴出しています。

虹チェック

飛沫はそこそこ細かいのですが、訪れたときは太陽光が当たっていなかったこともあり、虹は確認できませんでした。ただ当たっていたとしても、虹を見るにはちょっと厳しい細かさかもしれません。

ooi_suijin_kouen-01.jpg ooi_suijin_kouen-02.jpg ooi_suijin_kouen-04.jpg ooi_suijin_kouen-05.jpg ooi_suijin_kouen-06.jpg
    公園データ
  • 名称:大井水神公園(おおいすいじんこうえん)
  • 所在地:東京都品川区南大井5-16-1、南大井6-14-2、南大井6-15-2
  • 開園年月日:1952年4月22日
  • 面積:12,856m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 23:15
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年
01月14日
[Fri]

みなとが丘ふ頭公園(東京都品川区)

minatogaoka_futou_kouen-01.jpg 公園チェック

みなとが丘ふ頭公園は、大井埠頭内に位置する都立海上公園です。埠頭内、そして東京湾の程近くという立地ですが、雑木林となっている小高い丘(人工的に造られたものだそうです)や自然池などを見ると、とても緑が豊富なのに驚かされます。公園の周辺は倉庫などが多くて殺風景なムードなのですが、そんな中にあって心休まる空間となっています。

噴水チェック

丘の上に設けられた展望台から続く階段を下りてゆくと、噴水広場に出られます。長方形の池の中にノズルがいくつか設置され水を噴き上げていますが、水の高さやパターンが変化することはなく、常時一定の放水を行なっているようです。ただ見ると、いくつかのノズルからは水が出ていないのですが、故障なのでしょうか? もう何年もこの状態になっているようですが……。

虹チェック

このタイプの噴水だと飛沫は細かくありませんので、虹は現われません。1つだけ少し高く放水しているノズルがあるのですが、強い風が吹けばこのノズルの放水で、もしかしたら見られるかもしれません。

minatogaoka_futou_kouen-02.jpg minatogaoka_futou_kouen-03.jpg minatogaoka_futou_kouen-04.jpg minatogaoka_futou_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:みなとが丘ふ頭公園(みなとがおかふとうこうえん)
  • 所在地:東京都品川区八潮3
  • 開園年月日:1977年1月20日
  • 面積:50,265m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 21:57
Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都の公園 品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年
11月16日
[Mon]

しながわ区民公園(東京都品川区)

shinagawa_kuminkouen-01.jpg 公園チェック

しながわ区民公園は「花とひろばと水の緑の公園」をテーマとして開園した、品川区立としては最大規模の総合公園です。南北に長く延びる公園で、トンネルを挟んで2つのブロックに分かれています。北側ブロックにはスポーツ施設、キャンプ場、梅林などがあり、南側ブロックは砂浜を伴った大きな池(人工湖)が中心で、しながわ水族館も併設されています。

噴水チェック

噴水広場は北側ブロックにあり、<クジラの噴水>と名づけられています。これは、寛永10年(1798年)に1頭のクジラが品川沖に迷い込んだという出来事が元になっており、漁師がクジラを小舟で捕まえる様子と、親クジラが子を守る姿を表現しているそうです。

虹チェック

放水はかなりの高さまで上がり、これはクジラの潮吹きを表わしているのでしょう。これに細かい水の噴出が組み合わされ、飛沫が噴水全体を覆うように広がります。これだけの細かさと広がり具合なら虹の出現には打ってつけで、見事に弧を描いてくれました。これだけ綺麗に現われる噴水はあまりないと思いますので、虹を見たいという方にはおすすめの場所です。

shinagawa_kuminkouen-02.jpg shinagawa_kuminkouen-03.jpg shinagawa_kuminkouen-04.jpg shinagawa_kuminkouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:しながわ区民公園(しながわくみんこうえん)
  • 所在地:東京都品川区勝島3-2-2
  • 開園年月日:1983年4月1日
  • 面積:127,419m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 22:47
Comment(4) | TrackBack(0) | 東京都の公園 品川区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。