現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2013年
09月04日
[Wed]

駒沢オリンピック公園(東京都世田谷区)

komazawa_olympic_kouen-01.jpg 公園チェック

駒沢オリンピック公園は、1964年の東京オリンピックで第2会場として使われたところです。サッカー、レスリング、バレーボール、ホッケーなどの会場として競技が行なわれ、大会終了後に公園として公開されました。陸上競技場、体育館、野球場などのスポーツ施設のほか、園内をほぼひと回りするサイクリングコースも設けられています。

噴水チェック

陸上競技場と体育館に挟まれた中央広場内に、この公園のシンボルともいえるオリンピック記念塔が建てられていますが、その足下が池になっており、その中に噴水が設置されています。これはキャンドル形といってよいかと思いますが、これが10基×3列の形に並べられています。ただ、ノズルによって放水の高さがまちまちで、かろうじてわかる程度にしか噴き上げていないものもあります。もう少し勢いが欲しかったところですね。また塔の反対側にある聖火台の手前にも、パイプのようなノズルから小さく噴き上げている噴水がいくつか並べて設置されています。

虹チェック

勢いがない以前に飛沫が細かくないので、これでは虹は現われません。

komazawa_olympic_kouen-02.jpg komazawa_olympic_kouen-03.jpg komazawa_olympic_kouen-04.jpg komazawa_olympic_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:駒沢オリンピック公園(こまざわおりんぴっくこうえん)
  • 所在地:世田谷区駒沢公園、目黒区東が丘2、八雲5
  • 開園年月日:1964年12月1日
  • 面積:413,573m²
  • 噴水タイプ:水中型

2011年
08月02日
[Tue]

向天神橋公園(東京都世田谷区)

mukai_tenjinbashi_kouen-01.jpg 公園チェック

向天神橋公園は駒沢公園通りに面したところにあります。面積は300m²強しかなく、とても小さな公園です。公園の前にはバス停があるのですが、バス待ちのベンチが公園内に設置されていて、バス停広場といった趣でもあります。

噴水チェック

園内には花壇と小さな遊具ぐらいしかないのですが、噴水がしっかりとあります。とはいえこれも大きなものではなく、西洋庭園にあるようなタイプのものです。上部から噴出された水が受け皿に溜まり、それが縁の溝から流れ落ちています。

虹チェック

水の勢いは弱く、飛沫も細かくないため、虹は望めません。ただ、この小さい公園にはピッタリの噴水といえるかもしれません。

mukai_tenjinbashi_kouen-02.jpg mukai_tenjinbashi_kouen-03.jpg
    公園データ
  • 名称:向天神橋公園(むかいてんじんばしこうえん)
  • 所在地:東京都世田谷区弦巻2-9-8
  • 開園年月日:1978年3月31日
  • 面積:313m²
  • 噴水タイプ:独立型

2010年
06月30日
[Wed]

小泉公園(東京都世田谷区)

koizumi_kouen-01.jpg 公園チェック

小泉公園は1942年開園ですが、2010年4月14日にリニューアルオープンした公園です。大雨時の対策として、公園の地下に雨水調整池を整備するため2004年から工事が行なわれていましたが、上部も新しく造りかえたそうです。遊具広場や球技広場のある公園北側のエリアは変わっていないようですが、南側のエリアに芝生広場やせせらぎが新設されたようです。

噴水チェック

噴水は、南側エリアにせせらぎとともに設置されています。噴水はリニューアル以前からあったらしいですが、工事のため撤去され、今回また新しく造られたようです。円形の小さな池の中にそれはあり、植木鉢を逆さにしたような形状となっています。上部から水が流れ落ち、そこからせせらぎに注がれています。

虹チェック

こういった、噴き上げるのではなく流れ落とすタイプだと、虹はなかなか見られません。規模の大きなものでもないので、この噴水では虹は難しいでしょう。

koizumi_kouen-02.jpg koizumi_kouen-03.jpg koizumi_kouen-04.jpg
    公園データ
  • 名称:小泉公園(こいずみこうえん)
  • 所在地:東京都世田谷区駒沢2-42-1
  • 開園年月日:1942年4月28日
  • 面積:5,289m²
  • 噴水タイプ:独立型

2009年
12月29日
[Tue]

世田谷公園(東京都世田谷区)

setagaya_kouen-01.jpg 公園チェック

世田谷公園は1965年に東京都から移管された公園です。その際、老朽化に伴って改修計画を決めましたが、その構想を一般から募集し、その入選作品を基調として設計を行なったそうです。園内にはグラウンド、テニスコート、洋弓場、プールなどのスポーツ施設のほかに、交通公園、ユニークな手作り遊具を集めた<プレーパーク>などがあります。さらにはミニSLが走っており、有料ですが乗車することもできます。

噴水チェック

そんな世田谷公園の中心的な役割を果たしているのが噴水広場です。全体が少し窪んだ石畳の広場の中に6角形の池があり、その中に噴水が設置されています。モニュメントのような形状で、てっぺんの先端部分、縦に並んでいる突起部分、それから水面のノズルから水が噴出され、なかなかの迫力です。各部分から水が出たり止まったりして、いくつかのパターンを繰り返しているようです。

虹チェック

飛沫も十分細かく、晴れていれば虹は見えやすい噴水でしょう。ただ各パターンの持続時間はそれほど長くないため、ベストの状態で撮影するのはちょっと苦労しました。

setagaya_kouen-02.jpg setagaya_kouen-03.jpg setagaya_kouen-04.jpg setagaya_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:世田谷公園(せたがやこうえん)
  • 所在地:東京都世田谷区池尻1-5-27
  • 開園年月日:1959年8月22日
  • 面積:78,957m²
  • 噴水タイプ:独立型


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。