現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2015年
07月09日
[Thu]

中村南公園(東京都練馬区)

nakamuraminami_kouen-01.jpg 公園チェック

中村南公園は、練馬区の南東部、北方の西武池袋線と南方の西武新宿線に挟まれた中間あたりに位置する公園です。住宅街の中の公園ですが、特に広くもなく、園内も広場と遊具があるくらいで、あまり特徴のないありふれた公園といえるでしょうか。

噴水チェック

そんな公園ですが、3種類の噴水を有する水景施設があることによって、ありふれた公園ではなくなっています。まずひとつめは、円形の土台の上に球体を置いた噴水です。この球体から噴出した水が流れ落ち、壁に囲まれた噴水池に注いでいます。

そしてその水が、“ミニ・カナール”ともいうべき小さな水路を流れ、たどり着いた先にもうひとつの噴水があります。こちらは単独の放水を地表から噴き上げるタイプです。さらに、この噴水を囲むように5つの球体が置かれていますが、各球体の地面との接地部分からも中央に向けた放水が見られます。

このように3種類の噴水が設置され、全体として規模も大きく、見応えのある水景になっています。ただ放水の変化はなく、常に水を噴出し続けているようです。

なお稼働しているのは夏季のみのようですが、水遊びも楽しめるようです(ただし、概ね10日に1回清掃あり)。

虹チェック

3つの噴水とも水の勢いはそれなりにあるのですが、細かさが足りないこともあって虹は見られませんでした。

nakamuraminami_kouen-02.jpg nakamuraminami_kouen-03.jpg nakamuraminami_kouen-04.jpg nakamuraminami_kouen-05.jpg nakamuraminami_kouen-06.jpg
    公園データ
  • 名称:中村南公園(なかむらみなみこうえん)
  • 所在地:東京都練馬区中村南2-22-4
  • 開園年月日:1992年4月1日
  • 面積:1,877m²
  • 噴水タイプ:独立型、地表型
posted by Rino at 22:45
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年
12月23日
[Thu]

大泉中央公園(東京都練馬区)

ooizumi_chuuoukouen-01.jpg 公園チェック

戦後、アメリカ軍が旧陸軍士官学校の敷地の一部を接収し、朝霞キャンプとして使用していたのが大泉中央公園の前身だそうです。返還後に公園として整備され、都立公園として開園しました。練馬区の北端に位置しており、道路を挟んで埼玉県立和光樹林公園と隣接し、さらに東側は大泉さくら運動公園と隣接しています。

噴水チェック

この公園で噴水というと、西側入口にある<水の広場>に設置された、モニュメント型の大きな噴水を思い浮かべる方が多いと思いますが、最近訪れたときは稼働しておらず、撮影が行なえませんでした。以前は通年稼働だったと思うのですが、現在は夏季(7〜8月?)のみとなっているようです。以前訪れたときに撮った噴水の写真は一応残っているのですが、古いデジカメによるあまり画質のよくないものばかりですので、今回はもうひとつの噴水をご紹介します。

サービスセンター西側の<センター広場>に噴水はあります。円形の小さな池の中に岩がいくつか置かれ、中央にノズルが設置されています。単独放水のシンプルな噴水ですが、そこそこの高さまで噴き上げてくれます。また、岩の上にはアライグマとおぼしき彫刻が乗っているのがユニークです。

虹チェック

飛沫はそれほど細かくないのですが、虹は現われてくれました。ただしうっすらとですので、よく見ないとわからないと思いますが……。その代わり、広場内には子どもの描いた虹の絵が掲げられています(^^

ooizumi_chuuoukouen-02.jpg ooizumi_chuuoukouen-03.jpg ooizumi_chuuoukouen-04.jpg ooizumi_chuuoukouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:大泉中央公園(おおいずみちゅうおうこうえん)
  • 所在地:東京都練馬区大泉学園町9-4-3
  • 開園年月日:1990年6月1日
  • 面積:103,000m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 23:11
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年
01月21日
[Thu]

光が丘公園(東京都練馬区)

hikarigaoka_kouen-01.jpg 公園チェック

光が丘公園は、練馬区と板橋区にまたがる都内最大のニュータウンである「光が丘パークタウン」にある広大な公園です。ここは元は日本陸軍の成増飛行場があったところで、戦後はアメリカ空軍の家族宿舎「グラントハイツ」が建設されました。それが1973年に返還され、跡地に団地とともに公園が造られたということです。大きな広場を中心に、バードサンクチュアリー、デイキャンプ場、野球場、陸上競技場、テニスコートなど豊富な施設を有し、もちろん緑も豊富で、近隣住民以外でも楽しめる公園です。

噴水チェック

噴水は<けやき広場>の水景施設内にあります。この施設は宝くじの宣伝普及事業として1992年に日本宝くじ協会から寄贈されたものだそうです。シンメトリーな構造になっていて、手前に小さい噴水が、奥に大きめの噴水がひとつずつあり、これが左右対称に設置されています。さらにアーチ状の噴水も見られ、多数のノズルから細かい放水が噴出されています。また池の上に造られた<ウォータートンネル>の外側にも壁泉のように水が流れ落ちています。

虹チェック

虹は、あまりはっきりとは現われませんでしたが、大きいほうの噴水で確認できました。もう少し風が強ければ、さらに鮮やかに見えたのですが……。アーチ状の噴水のほうでも見えそうなのですが、これは北側に設置されていて太陽を背にするのが困難なため、虹を見るのは難しいかと思います。

hikarigaoka_kouen-02.jpg hikarigaoka_kouen-03.jpg hikarigaoka_kouen-04.jpg hikarigaoka_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:光が丘公園(ひかりがおかこうえん)
  • 所在地:東京都練馬区光が丘2・4、旭町2、板橋区赤塚新町3
  • 開園年月日:1981年12月26日
  • 面積:607,824m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 23:27
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 練馬区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。