現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2012年
03月30日
[Fri]

水元公園(東京都葛飾区)

mizumoto_kouen-01.jpg 公園チェック

水元公園は、東京都内で唯一という水郷景観を持つ公園です。小合溜という遊水池に沿って広がっており、爽快な水辺の景色が楽しめます。面積は東京23区内でも最大規模で、広大な<中央広場>をはじめ、とにかく広々としています。ポプラ並木、メタセコイアの森、はなしょうぶ園、水生植物園など植物も豊富。ほかにも見どころは多く、1日ではとても足りないほどの大公園です。

噴水チェック

この公園には噴水広場があるのですが、2011年秋に訪れたときは節電のため稼働していなかったので、今回は小合内溜にある壁泉をご紹介します。内溜は、岩槻交差点から水元公園へと続く道沿いに広がる溜め池で、釣り堀としても利用されています。水元公園の南側は外周に沿って桜並木の土手が続いていますが、その高低差を利用するように、内溜の北側に<水元さくら大滝>と名づけられた壁泉が設置されています。残念ながら訪れたのは桜の時季ではなかったのですが、水量は豊富で、迫力のある流れを見せてくれています。

虹チェック

流れ落ちた水が多数置かれた岩に当たって細かい飛沫をつくり出してくれているため、くっきりと虹が見えました。内溜の北側に設置されているということは日当たりもよいということなので(やや西向きではありますが)、その点でも好都合です。難点を挙げるとすると、壁泉前の歩道が狭めなので、前に立つと水が降りかかってくることでしょうか。観賞の際は立ち位置に注意が必要ですね。

mizumoto_kouen-02.jpg mizumoto_kouen-03.jpg mizumoto_kouen-04.jpg mizumoto_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:水元公園(みずもとこうえん)
  • 所在地:東京都葛飾区水元公園3-2
  • 開園年月日:1965年4月1日
  • 面積:921,540m²
  • 噴水タイプ:壁泉
タグ:公園 壁泉
posted by Rino at 22:29
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 葛飾区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年
07月25日
[Sun]

小菅西公園(東京都葛飾区)

kosuge_nishikouen-01.jpg 公園チェック

小菅西公園は、東京都下水道局小菅水再生センターの屋上に造られた公園です。屋上の公園といっても普通の公園と大きく異なるわけではなく、緑の中を散策することができます。季節に応じた花時計や木製アスレティック遊具などがありますが、関東の富士見百景にも選ばれており、空気のすんだ晴れた日には富士山を眺めることもできます。

噴水チェック

屋上公園のため階段を上がって園内に入るようになっているのですが、荒川に面した西側の入口から続く階段がカスケードになっており、中央部分に水が流れています。この流れをたどると、カスケードの源泉となっている、立方体を組み合わせた形状の水景施設が現われます。公園の案内図によると「壁泉」となっていますが、噴水と呼んでも差し支えない気もします。両者の中間に位置しているといえるでしょうか。

虹チェック

上部から水が流れていますが、水の勢いはあるものの細かい飛沫はつくり出されておらず、残念ながら虹は見られませんでした。

kosuge_nishikouen-02.jpg kosuge_nishikouen-03.jpg kosuge_nishikouen-04.jpg kosuge_nishikouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:小菅西公園(こすげにしこうえん)
  • 所在地:東京都葛飾区小菅1-2-1
  • 開園年月日:1983年4月1日
  • 面積:15,357m²
  • 噴水タイプ:壁泉
posted by Rino at 22:28
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 葛飾区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。