現在、節電のために噴水を停止させている公園があるようです。もし噴水や壁泉などの水景施設が目的で公園にお出かけになる場合はその点に注意し、事前に公園に問い合わせるなどして下さい(本ブログの掲載記事は、震災前に訪れたものも含まれています)。

2012年
09月13日
[Thu]

浜田山一丁目公園(東京都杉並区)

hamadayama_icchoume_kouen-01.jpg 公園チェック

浜田山一丁目公園は、閑静な住宅街の中にある小さな公園です。広場と遊具が中心で、おそらく近隣の子どもたちの遊び場となっているのでしょう。

噴水チェック

噴水は、球体のものが水の流れの中に設置されています。輪切りするように入れられたラインから4方向に水が流れ落ち、そこから延びる水路をつくっています。これまで取り上げた中では宝来公園の噴水に似ていますが、あちらに比べるとある程度の水量があり、より噴水らしいといえるかもしれません。

なおこの水路は、列車の線路をイメージしているようです。流れの先はトイレになっているのですが、その壁面に汽車の絵が描かれ、その横には公園名が表記された駅名板も設置されています。

虹チェック

この放水では細かい飛沫にはなりませんので、虹は無理ですね。

hamadayama_icchoume_kouen-02.jpg hamadayama_icchoume_kouen-03.jpg hamadayama_icchoume_kouen-04.jpg hamadayama_icchoume_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:浜田山一丁目公園(はまだやまいっちょうめこうえん)
  • 所在地:東京都杉並区浜田山1-25-24
  • 開園年月日:1990年年2月1日
  • 面積:1,246m²
  • 噴水タイプ:水中型
【東京都の公園 杉並区の最新記事】
posted by Rino at 22:42
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 杉並区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年
07月24日
[Tue]

猿江恩賜公園(東京都江東区)

sarue_onshi_kouen-01.jpg 公園チェック

「スカイツリーが見える噴水」の第4弾です。猿江恩賜公園は、かつては貯木場として使われていましたが、大正13年(1924年)に敷地の一部が東京市に払い下げられ、昭和7年(1932年)に公園として開園しました。また、1981年には新大橋通りを挟んだ北側部分も公園として整備され、大きな公園となりました。園内は緑豊かで、いくつかの広場のほか、池、野球場やテニスコートのスポーツ施設もあります。

噴水チェック

噴水は<ミニ木蔵>という、貯木場を再現した水景施設の中に設置されています。水面は約1,600m²の広さがあり、護岸に使われている石は、材木を長期間保存するときに重しとして使われていたものだそうです。

この中に噴水がいくつか設置されているのですが、いずれも小さく水を噴き上げるタイプのものです。複数設置されているとはいってもこの広さの中にぽつんぽつんとある感じですので、静かな噴水という印象です。ただpeepooblueさんのブログなどを見ると、もっと勢いよく放水しているものが確認できますね。時刻などによって放水が変化するのでしょうか?

また噴水のほかに、この池に水を流している小さな壁泉のようなものも設置されています。

虹チェック

この放水では細かい飛沫は望めませんので、虹も無理ですね。

スカイツリーは木のあいだにしっかりと見えていますが、2012年5月に訪れたときは、なぜか噴水が稼働していませんでした(節電のためでしょうか?)。この写真は2010年に訪れたときのものですので、ツリーはまだ建設中となっています。

「スカイツリーが見える噴水」シリーズはこれで最後ですが、すでに紹介済みの木場公園でも噴水&ツリーを見ることができます。ほかに錦糸公園でも両者を見ることができますが、訪れたときは噴水の周りにたくさんの人がいたためなかなかじっくりと撮影ができず、今回の掲載は見送ることにしました。いずれ改めてご紹介するつもりです。

sarue_onshi_kouen-02.jpg sarue_onshi_kouen-03.jpg sarue_onshi_kouen-04.jpg sarue_onshi_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:猿江恩賜公園(さるえおんしこうえん)
  • 所在地:東京都江東区住吉2、毛利2
  • 開園年月日:1932年4月29日
  • 面積:145,088m²
  • 噴水タイプ:水中型
posted by Rino at 23:02
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 江東区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年
07月04日
[Wed]

大横川親水公園(東京都墨田区)その2

ooyokogawa_shinsui_kouen-a-01.jpg 公園チェック

「スカイツリーが見える噴水」の第3弾は、大横川親水公園の2つめの噴水になります。公園については、前回の記事をご参照ください。

大横川親水公園 その1

噴水チェック

こちらの噴水は、前回の噴水のある場所から少し南へ進んだ、北斎通りを渡ったところの広場内にあります。ひょうたん型のような噴水池の中に円形の台座が設置され、その上に付けられたノズルが細い放水を噴き上げています。画像ではわかりませんが、実はこの台座が回転しています。回転する噴水というと、これまで取り上げた中では赤羽公園のものがそうでしたが、珍しいタイプといえるでしょう。

池の中にはほかに、金属製の蓋のような形状の物体がいくつか設置されていて、これにノズルのようなものが付いているのですが、放水はされませんでした。これは噴水ではないのでしょうか? なお、こちらの噴水も数分間隔で稼働と停止を繰り返しているようです。

虹チェック

放水が細いため、ここも虹は現われませんでした。スカイツリーは、下半分が建物に隠れてしまっていますが、まだしっかりと見えています。

ooyokogawa_shinsui_kouen-a-02.jpg ooyokogawa_shinsui_kouen-a-03.jpg ooyokogawa_shinsui_kouen-a-04.jpg ooyokogawa_shinsui_kouen-a-05.jpg
    公園データ
  • 名称:大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)
  • 所在地:東京都墨田区吾妻橋3、業平1、東駒形4、横川1、本所4、太平1、石原4、錦糸1、亀沢4、江東橋1、緑4
  • 開園年月日:1993年年4月1日
  • 面積:63,344m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 22:23
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年
06月17日
[Sun]

大横川親水公園(東京都墨田区)その1

ooyokogawa_shinsui_kouen-01.jpg 公園チェック

「スカイツリーが見える噴水」の第2弾です。スカイツリーの足元を流れる北十間川の南、浅草通りを渡ったところから南北に細長く延びているのが大横川親水公園です。この公園には噴水が2つありますので、2回に分けてご紹介します。

この公園は、大横川の一部を埋め立てて造られた親水公園です。北十間川との合流地点から竪川との合流地点までの1.85kmにわたって遊歩道が続いています。大横川はもともと、明暦3年(1657年)の江戸大火の復興時に、火除地等の確保のため整備された際に掘られた河川でしたが、1981年から埋め立てが進められ、その後公園として整備されたそうです。園内は5つのゾーンに分けられ、広場や水路、ビオトープ、釣堀、テニスコートなど、多彩な施設を有しています。

噴水チェック

この公園にある2つの噴水は、いずれも<パレットプラザゾーン>と称されたエリア内に設置されていますが、今回は北側の清平橋近くの噴水を取り上げます。長方形を組み合わせたような形状の噴水池の中に、逆お椀型をした縦長の放水があり、その周囲をキャンドル型の小さい放水が多数囲んでいるという構成です。これが様々な組み合わせで水を噴き上げていますが、数分間隔で稼働と停止を繰り返しているようです。ただ、訪れたときに稼働していたのは、噴水池の半分だけ。もう半分の部分にもノズルらしきものが見えているのですが、そちらからは水は噴き上がりませんでした。なにか稼働条件があるのでしょうか?

虹チェック

中央の噴水は細い放水でそれほど飛沫が細かくないためか、虹は現われませんでした。周囲のキャンドル型のものも、この形状では難しいですね。おしなり公園に続いて、ここも噴水+虹+スカイツリーの組み合わせは無理でした。

ooyokogawa_shinsui_kouen-02.jpg ooyokogawa_shinsui_kouen-03.jpg ooyokogawa_shinsui_kouen-04.jpg ooyokogawa_shinsui_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:大横川親水公園(おおよこがわしんすいこうえん)
  • 所在地:東京都墨田区吾妻橋3、業平1、東駒形4、横川1、本所4、太平1、石原4、錦糸1、亀沢4、江東橋1、緑4
  • 開園年月日:1993年年4月1日
  • 面積:63,344m²
  • 噴水タイプ:独立型
posted by Rino at 21:55
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年
05月20日
[Sun]

おしなり公園(東京都墨田区)

oshinari_kouen-01.jpg 公園チェック

いよいよ東京スカイツリーが開業ということで、「スカイツリーが見える噴水」を数回にわたってご紹介します。まず最初に取り上げるのは、スカイツリーの真下に位置するおしなり公園です。スカイツリーの足元には北十間川という川が流れていますが、東武橋から京成橋までの約450mにわたって川の両岸に遊歩道が整備され、おしなり公園として開園しました。水辺の散策を楽しめるのはもちろん、船による観光用に船着場も造られています。すぐ目の前にはスカイツリーがそびえ立っており、格好のビューポイントともいえます。

噴水チェック

この公園に噴水が造られたのですが、なんと川の中に設置されています。川の中の噴水というのは、とても珍しいと思います。護岸に取り付けられた5つのノズルからの川の中央への放水と、水中に取り付けられた4つのノズルからの噴き上げる放水の2種類がセットになっていて、これが川の両岸に多数設置されています。単なる川ではなく、このように噴水があると活気が感じられて、より観光スポットにふさわしくなりますね。

噴水とスカイツリーを1つの画像に収めたかったのですが、なにしろ真下にあるため、噴水をメインにしようとするとツリーの下のほうしか写せなかったのが残念です。私のカメラでは、これが限界でした(^^;

虹チェック

虹は、見えそうな感じでもあるのですが、飛沫がもうひとつ細かくないためか、確認することはできませんでした。ツリーの南側という絶好のロケーションなだけに、ここは虹の見える噴水を設置してほしかったですね。噴水+虹+スカイツリーの組み合わせが見られれば、少なくとも私にとってはより魅力的な噴水になったのですが……。

oshinari_kouen-02.jpg oshinari_kouen-03.jpg oshinari_kouen-04.jpg oshinari_kouen-05.jpg
    公園データ
  • 名称:おしなり公園(おしなりこうえん)
  • 所在地:東京都墨田区業平1・2・3、押上1
  • 開園年月日:2012年3月31日
  • 面積:6,600m²
  • 噴水タイプ:水中型
posted by Rino at 18:42
Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都の公園 墨田区 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。